ヘアケア

シャンプーにまつわるQ&A

東京 銀座 美容室 年齢とともにでる髪のうねりクセ ハリコシボリューム減少 白髪 パサつき を解決テクニカルディレクター 堀江宇紘です。

 

 

髪を通して皆様にハッピーを届けたい☆

 

艶髪 髪育 髪のアンチエイジング ナチュラルフェミニンスタイルはお任せ下さい。

目次

  1. シャンプーは毎日必要ですか?
  2. 皮脂ってなんですか?
  3. 皮脂はお肌に良いからとらない方が良いって言われた事があります。古くなった皮脂はとらなくてよい?
  4. シャンプーは使わない湯シャンが効果ある?
    とりすぎ厳禁な皮脂。

 

 

 

 

 

シャンプーは毎日必要ですか?

シャンプーはその方の皮脂量や水分量やによって毎日した方が良いか決まります。

 

基本古くなった皮脂は酸化して臭いや活性酸素がでて、老化の本頭皮環境にもよりますが清潔にしるには毎日しましょ♪

 

 

ただし、頭皮がベタベタ皮脂が沢山だからと言って必要以上に洗ってしまうと体は頭皮を守ろうとして皮脂を多く出してしまいますT^T
担当の美容師さんに頭皮環境にあったシャンプーを選んでもらい、回数を守って洗いましょう^ ^

 

 

皮脂ってなんですか?

 

皮脂の役割

 

 

皮脂膜と呼ばれる薄い膜を作って細菌やアルカリからお肌をガードしたり、
天然の保護クリームと呼ばれたりしています。

髪の艶を保ったりもする役割をします。

皮脂はお肌にも髪にも必要です。

 

 

皮脂はお肌に良いからとらない方が良いって言われた事があります。古くなった皮脂はとらなくてよい?

古くなった皮脂はしっかりとらないと、酸化して頭皮環境を悪くしてしまいますT^T

 

 

また、酸化した皮脂は臭いや汚れが落ちにくくなったりします。

 

とりすぎは良くないですが、古くなったのはしっかりとりましょう^ ^

 

 

活性酸素がでて頭皮やお肌の老化のもとT^T
しっかり頭皮環境にあったシャンプーを選んで使いましょう^ ^

 

 

シャンプーは使わない湯シャンが効果ある?

 

 

これは実践された方もいらっしゃる方もいますが、残念ながら皮脂は油です。
油は水をはじいてしまいますよねwww。

 

 

お湯だけでは皮脂を洗い流す事は無理です。

 

 

シャンプーに含まれる界面活性剤で洗えば皮脂はスムーズに取れます。

 

 

界面活性剤は水と油をくっつきやすくします。油が水に流れやすくなるので落ちやすくなります。

 

 

とりすぎ厳禁な皮脂。

 
上の事項を否定するようですが、洗いすぎはよくありません。
シャンプーをする前にしっかりお湯で頭皮を洗えば汚れは6〜7割は落ちます。

 

 

予洗いをしっかりして洗浄力の強すぎなシャンプー剤は控えて、担当の美容師さんに聞いてみましょ^ ^

 

 

必要以上に洗ったり、強い洗浄力の物で洗うと皮脂腺が常に皮脂を分泌しつつげるような性質に変わってしまいますT^T

 
頭皮環境にあった洗い方、シャンプー剤を選びましょ^ ^
洗いすぎも良くないし、残しすぎは老化の原因。

 

 
世の中の美容師さんは基本みんな自分の所に来てくださってる方に一番綺麗になってもらいたいという信念のもと美容と向き合いアドバイスをしています^ ^

 

 

担当の美容師さんにしっかりアドバイスをもらい明日からレッツトライ(^-^)/

 

肌も髪もダイエットも0〜6時の新コアタイムが新常識!髪のアンチエイジングで必要な事隣の綺麗な大人世代は皆気をつけてる事。

 

髪のボリュームがなくなったと感じている方必読!髪は育てて予防すれば年齢を増すごとに艶髪になる!

 

 

 

相談できる美容師さんがいなければ是非なんでも聞いて頂ければとおもいます♪

 

 

 

image

スクリーンショット 2014-03-08 10.25.59(サロン情報)

◯Tel 03-6264-4308

◯住所

〒1040061

東京都中央区銀座1ー6ー8ディア銀座3F

◯最寄駅

銀座駅(A13,B4出口)徒歩 5分 

銀座一丁目駅(6番出口)徒歩 30秒

京橋駅(3番出口)徒歩 3分 

有楽町駅(京橋口) 徒歩 5分

◯営業時間 

平日11:00~21:00

土10:00~20:00 

日・祝10:00~19:00

堀江宇紘

この記事の投稿者
MichioNozawa Hair salon GINZA
テクニカルディレクター
堀江宇紘


気楽に髪のお悩みを相談ください、今までにない新たな魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。プロフィール 

WEB予約はこちら

Instagram

この記事と一緒によく読まれてる記事